So-net無料ブログ作成
検索選択

大学生の就職難に思うこと [雑記]

 先日、会社の近くを歩いてたら、リクルートスーツ姿の女子学生が歩いていた。4年生だけどまだ決まらなくて会社を回ってるのか、3年生がもう回り始めているのか…いずれにしても大変だなあ…と思います。

 そこへ来て、今日のニュースでやってた大学生の内定率が過去最低との報道。そこで最近指摘されるようになったのが、学生の志望とのミスマッチ。学生が誰でも知ってるような大企業ばかり受験して不合格になる一方で、中小企業では学生が集まらなくて苦労してるって言うんですね。パッと聞いたら、「成績が悪い者や一流大学に在籍してない者は身の丈に合った中小企業も視野に入れたら?」と聞こえるかもしれないけど、きっと本当はちょっと違うと思うんですよ。

 20数年前に就職活動した私はもろにバブル世代。就職活動はたぶん楽でした。だから、偉そうに何言ってるんだよ! って思われるかもしれませんが。

 以下は多少内容を変えてますが実話ですよ。

 大学4年の時、大阪の地方都市に本社を構えている聞いたことない名前の電気メーカーから「面接に来ないか」と何度か電話がありました。全然知らない会社だし、パンフレット見ると、本社ビルも田舎だし、なんだかショボイ。困っていると、今でも覚えてるんですが、人事の人が「ウチは今に都銀以上の給料を払う会社になるので、是非来てほしい」って言いました。私の知り合いの範囲で、その会社に行った人はいなかった。ところが、その会社は今は名前を変え、経済誌で「給料のいい会社」のランキング上位の常連企業。もちろん一部上場。本社は超高層の自社ビルです。

 ある超有名企業はリクルーターに体育会OBが出てきて、「もう1回会ってほしかったら、別の大企業の内定を土産に持って来い」って言ってました。後で聞いたけど、その会社は私の出身大学からは体育会しか採用してなかった(内定云々はジョークだったんですよね。たぶん…)。その会社、その後、経営不振で別の会社と合併して、社員を大リストラして、今は別の名前になってます。

 ある金融機関のOB訪問をすると、「ウチの会社のいいところは給料の高さと女にもてることだ」と真面目に言いました(みんな、へぇ~って真面目に感心した)。その人、私の成績を見て一言。「ウチは馬鹿はいらない」とおっしゃいました。その会社も金融自由化の波にもまれ、何度か会社の名前が変わって、今はほとんどの人が元の名前を覚えてないんじゃないかなあ。

 大学の友達もさまざま。財閥系ならどこでもいいって言ってたやつが、ある財閥系企業に入ったけど、仕事がきつくて辞めてしまったり、誰でも知ってる大企業に入ったけど体壊して転職して、名前はそこそこ知られているけど決して大企業じゃない会社に転職して、今は海外支店でバリバリやってる人もいる。
 私が現役学生の頃は国立大学しか採用枠がないって言われてた政府系金融機関では破たんした所も出たし、人気企業の常連の会社のいくつもが今は学生の人気ランキングにほとんど出てきません。

 自分が全力で仕事を頑張れるだろう10年後~20年後、その会社がどうなってるか、って考えてみたら、きっといい会社は見つかるような気がします。
…とか偉そうなこと言いつつ、つぶれそうになってる会社に私は勤めてるわけですが…。


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 8

ドイツ特派員

しまうまさん、

私もよくわかりますね、その感覚。やっぱり名前で選ぶというのは仕方ないところも多くて、しかも先のことなんて誰もわからない訳です。そんな中でとにかく私なんかが言いたいのは「何処でも良いからとにかく働き始めろ!」ということ。そうすれば何か起きるし、大体働くことに不要な重さを置き過ぎじゃないかな?会社の知名度なんて大した意味はないし、それも時々で変わるし。

と、女性Voを追っかけてるおっさんが言っても何ら説得力は無いかもしれないですけどね。
by ドイツ特派員 (2011-01-22 13:25) 

しまうま

 ドイツ特派員さん

 私も20年以上サラリーマンやってますけど、20年で世の中って思っているよりはずっと変わるなあ、ってつくづく思います。

 いったんどこかの会社に入っても、ずっとそこに縛られるんじゃなくて、自分の力で業界を泳ぎまわるような人がどんどん増えてくるじゃないかと思います。プロのサラリーマンとでもいうか。

 私もそんな人知ってますけどね。たまに人を悪の道に引き込んでしまう困った人ですが…。
by しまうま (2011-01-22 20:07) 

ひょう

職業柄、中小企業ばかり見ていますが
本当に人材難なんですよ!
ある会社なんか、新卒はもちろん、
毎月、中途採用も募集しているのに、全然来てくれません。
そこ、従業員たったの100人だけど、経常利益が2億!
そこらの大企業もマッサオの経営内容で安定しているのに。
大企業と違って、いろいろな仕事もさせてもらえるのに。

ただ、確かに、大企業と違って何でもしなくちゃいけない、
(入社したら即、中国出張とか)
トップが一族で占められていて、将来社長や役員になれる
可能性が低い、という弊害はありますが…。
そのあたりが安定志向の若い人に嫌われるのでしょうか。

冒頭に出てきた会社、もしかしたら、あそこかな。
田舎くさい社名から、カタカナになったところじゃないですか?
はい、今は大化けしていますね。


by ひょう (2011-01-22 23:24) 

しまうま

 ひょうさん nice!ありがとうございます。

 人事の人が本当に自信満々で言ったので何故か覚えてるんですよ。すごい成長してる会社なんだな、と思って。そうそう。カタカナの名前になってます。仕事はキツイそうですけど、給料もすごいらしい。きっとそんな会社が今もあるんじゃ…。

 学生の頃、会社訪問する先をどうやって決めてたかというと、やっぱり名前知ってるかとか一般的なイメージだったような気がするんですよね。今の自分考えると、少なくとも金融は向いてなかったような気がするけど、何社か回ったなあ…。私も思いっきりミーハーでした(笑)。

 何なんだろう…自分が一流のところに求められる人間である、というプライドが欲しい(欲しかった)のかな。でも、一流の会社の中でプライドをズタズタにされた人って多いし、きっとそんな人生しんどいような気もするんですけどね。
 でも、そんなこと、やっぱり経験してみて、年齢重ねないと分からないか…。
by しまうま (2011-01-23 01:51) 

まる

全くミーハー心も働く意欲もない私は、2社見てすぐに有名企業就職を諦め、後は縁故。。。縁故。また縁故。。。ダメ人間っすw

でも同族経営はやっぱりイヤですね。同族と気が合えばいいのかもしれないけど、勤めている人の話を聞くとたいていセクハラ・パワハラ当たり前、儲かっているわりに薄給って感じです。
今回もお話ありましたがお断りしちゃいました。
by まる (2011-01-24 10:59) 

しまうま

 まるさん

 前に雑誌で読んだ気がしますけど、同族って前近代的な会社の典型みたいに言われてたけど、いいところもあるみたいですよ。う~ん…サントリーとキリンの合併がつぶれた時だったかな。
 トップの決断で物事が簡単に決まる、不毛な派閥争いが起きない、企業文化がぶれない、とかそんなだったかな。

 ワタクシの勤め先は学閥はないし、組合はまあまあ頑張ってるし、派閥も(私が知らないだけかもしれないけど)ないし、風通しのいい組織なんじゃないかなあと思いますが、風通しがいい「だけ」だったりして…。
by しまうま (2011-01-24 23:51) 

まる

しまうまさんの会社って同族経営なの?知らんかったー。
同族っていっても大きい会社は全く別物かも。

私の言う同族会社ってせいぜい社員が30人くらいのところのことですー(^_^;)組合なんて立派なものがある会社に勤めたことないです。
by まる (2011-01-26 02:29) 

しまうま

 まるさん

 いや~バリッバリの中小企業ですが、同族じゃないですよ。社員持ち株になってて、株も社員なら誰でも買えるし、その辺は民主的かな。

 組合は頑張ってるけど、会社の業績自体が悪いとどもならんみたいです。最近は若い人は組合には入らない人も多いし、会社に求めるものも変化してるのかなあ。歴史的役割を終えちゃったのかな。
by しまうま (2011-01-27 22:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。